HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2014年9月20日

核兵器禁止条約早期締結に向けて、今、動き出そう 2(神奈川県生協連)

2015年は5年に1度のNPT再検討会議が国連本部で開催される年です。また被爆70年の年になります。

NPTは核不拡散条約で、1970年に発効した核兵器の拡散を防止するための国際条約です。2000年の再検討会議では核兵器国が核廃絶を達成すると約束し、2010年の再検討会議では歴史上初めて「核兵器禁止条約」の交渉や「核兵器の非人道性」に注目する必要について、すべての加盟国が合意しました。核軍縮はなかなか進んではいませんが、昨年2013年9月26日の「核軍縮に関する国連総会ハイレベル会合」の開催を受け、2013年秋の国連総会において、9月26日を「核兵器廃絶国際デー(核兵器の全面的廃絶のための国際デー)」と制定しました。 この日は、核兵器のない世界という共通目標の実現をめざした国際努力の促進に向け、核兵器が人類に及ぼす脅威やその廃絶の必要性に関する世論喚起や教育を強化するための日です。

こうした状況で開催される2015年再検討会議を成功させ、「核兵器のない世界」への道筋を確かなものにするためには、核兵器のない世界を願う国内・国際的な世論の高まりが大変大切です。「原爆の被害者は私たちで終わりにして欲しい」「私たちが生きているうちに地球上から核兵器をなくして欲しい」との被爆者の切実な願いを受け止め、今回の学習・交流会を持ちました。

 

 

内 容

開催日時:

2014年9月19日(金)10時〜12時45分

会場:

ワークピア横浜 2階 横浜市中区山下町24-1

主催:

2015年NPT再検討会議生協代表団結成に向けた実行委員会
(委員長:當具伸一・ユーコープ理事長)

参加者:

13団体142名

神奈川原爆被災者の会、ヒロシマ・ピース・オフィス、ユーコープ(かながわ県本部、しずおか県本部、やまなし県本部)、パルシステム神奈川ゆめコープ、さがみ生活クラブ、生活クラブ生協・神奈川、富士フイルム生協、宇宙科学研究所生協、医療生協かながわ、神奈川みなみ医療生協、川崎医療生協、日本生協連、静岡県生協連、フードボイス、神奈川県生協連

 

次 第

司会:

鈴木紀子さん(パルシステム神奈川ゆめコープ理事)

挨拶:

當具伸一さん(ユーコープ理事長)

基調講演:

『被爆体験から学び、核のない平和な21世紀を創るために』

秋葉忠利さん(ヒロシマ・ピース・オフィス代表・前広島市長)

詩の朗読:

神奈川県原爆被災者の会からメッセージ

〜平和への思い、願いを詩の朗読にのせて〜

グループ交流:

15グループ

閉会挨拶:

中村雄子さん(神奈川県原爆被災者の会会長)

 

司会:鈴木紀子さん

主催者挨拶:當具伸一さん

基調講演:秋葉忠利さん

 

 

詩の朗読:神奈川県原爆被災者の会の皆さん

閉会挨拶:中村雄子さん

 

参加者へのインタビュー

 

終了して昼食交流に向かいます

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ