HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2015年4月27日

2015NPT再検討会議ニュース しずおか・やまなし・かながわの生協代表団
第2号

NGO共同行動集会・核兵器廃絶を願うデモ行進に参加

日時:4月26日(日)13:00〜

場所:ユニオン・スクエアノースパーク、ダグ・ハマーショルド広場

内容:NGO共同行動集会、核兵器廃絶を願うデモ行進、平和フェスティバル

 

明日からのNPT再検討会議開幕を前に、世界の各地から核兵器廃絶を願う人々が、ニューヨークのユニオンスクエアノースパークに集結しました。

デモ行進に先立ち行われたNGO共同行動集会では、神奈川県原爆被災者の会会長中村雄子さんが、原爆のきのこ雲の下で味わった恐怖や、多くの家族を失った悲しみ等の被ばくの体験談を語り、続いて行われたスピーチでは、平和首長会議会長の松井一實広島市長をはじめ、各国から代表の方が壇上にあがり、それぞれの立場から、「もう戦争はしない」、「核兵器を無くそう」など、戦争反対、核兵器廃絶を主張しました。

その後のデモ行進では、天気にも恵まれ、日本人ばかりではなく、世界各国からおよそ8000人が参加し、核兵器廃絶を願うメッセージの数々や、明日からのNPT再検討会議の成功への熱い思いを訴え、地元のニューヨーク市民も歓声で応えていました。私たち神奈川の生協代表団も全員元気に行進しました。

 

 

NGO共同行動集会・核兵器廃絶を願うデモ行進に参加して(6班から)

PEACE&PLANETと題する集会が定刻どおり13時に始まりました。ドイツ・イギリス・カザフスタン・フィリピンなど、世界各国からの代表スピーチが続きました。

「地球温暖化をストップしよう。」、「もう戦争はしない」、「核兵器を無くそう」とそれぞれが強く訴えかけていました。注目すべきは被爆者の中村雄子さんの体験談と広島市長のスピーチでした。70年たった今でもなお、被爆者は苦しんでいることを豊かな表現で伝えた中村さんのスピーチに感動し、日本人の皆がもっとその苦しさを知るべきではないかと思いました。そして、これからも語り継いでいけないと強く思いました。

また、被爆地広島から松井市長がかけつけ日本語・英語の両方で訴えた行動が意義あるものだったと思います。デモ行進では、私の周りでは人数こそ少なかったものの、まわりで手を振ってくれる人や一緒にしばらく歩いてくれる人がいて、とてもうれしく印象に残りました。また、核兵器に関するアンケートを行い、約130名の沿道の方に答えてもらいました。行進の「飛び入り参加者」ですが、最後尾に行くにつれ、続々といろいろな国の人がたくさん一緒に歩いてくれたようで、平和への思いと熱気を感じました。 

 

共同行動集会に集まった人々

スピーチする原爆被災者の会会長 中村雄子さん

 

核兵器廃絶に関してのアンケートに答えてもらいました

神奈川県生協代表団、元気に行進しています

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ