HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2015年8月1日

災害救援ボランティアコーディネーター養成講座 実施中

神奈川災害ボランティアネットワーク(理事長:植山利昭、43会員)は、神奈川県の「かながわコミュニティカレッジ」の一つとして、7月4日から8月22日の間、6日間に分けて、「災害救援ボランティアコーディネーター養成講座」を開催しています。

現在地球規模で起こっている自然災害。

4年前の東日本大震災時においても設置された「災害救援ボランティアセンター」で、被災地の情報収集や全国各地から集まったボランティアの方々のコーディネートを担う役割の「ボランティアコーディネーター」が活躍しました。

この講座では、ボランティア活動の基礎や応用、住んでいる地域の「減災」活動と被災者支援について、災害対応事例などを学んでいます。

4日目となる8月1日は、午前中は「災害と人間関係を考える(ワークショップ)」、午後は「図上訓練」を行いました。

 

日時

2015年8月1日(土)10時〜16時

10時〜12時

災害と人間関係を考える(ワークショップ)

概要:クロスロードゲームを通じて災害心理を考える

あやせ災害ボランティアネットワーク

13時〜16時 

図上訓練(DIG)(ワークショップ)

概要:東日本大震災の支援活動をどのように南関東地震に活かすか

講師:森 清一 神奈川災害ボランティアネットワーク理事

会場

かながわ県民センター 11階   横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2

参加者

災害救援ボランティアコーディネーター養成講座受講者

実施団体

特定非営利活動法人神奈川災害ボランティアネットワーク

協力

あやせ災害ボランティアネットワークの皆さま、神奈川災害ボランティアネットワークの理事・運営委員

この研修会は大規模災害が発生したときに設置される「災害救援ボランティアセンター」で活動するための知識を学び、基礎実技を身につける講座です。

受講後は地域の防災組織や災害ボランティア団体に参加して、経験を積みながら、ボランティアコーディネーターとしての活動を目指す方の入門講座となっています。

神奈川県生協連は、神奈川災害ボランティアネットワークの事務局を担っています。

 

今年の総会の様子はこちら

昨年の講座の様子はこちら

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ