HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2015年8月30日

2015年 ヒロシマ・ナガサキ平和スタディツアー報告会
現地で体験したこと学んだこと感じたこと 〜大切にしたい、伝えたい

神奈川県生協連では、戦後70年、被爆から70年の節目を迎えたこの夏も、戦争も核兵器もない平和な社会の実現を願い、被爆地に行って直接見て、聞いて、歩き、考え話し合った体験を心に刻み、命の尊さと平和の大切さを考え、伝え・つないでいくことを目的として、ヒロシマ・ナガサキ平和スタディツアーを開催致しました。

今年のヒロシマ子ども平和スタディツアーには、小学5年から中学2年の46名(子ども30名、事務局16名)が参加、ナガサキ平和スタディツアーは、ユーコープ、パルシステム神奈川ゆめコープからの代表派遣として組合員理事2名が参加しました。

本日は、その報告会として現地での活動内容や、学んだこと・体験したことを通じての想いや願いなどを報告し合い、改めて平和の尊さや伝えていくことの大切さをみんなで共有しました。

 

日時

2015年8月29日(土) 10時〜11時45分

会場

新横浜 神奈川県トラック総合会館 7階 大研修室

参加者

103名
(ヒロシマ子どもツアー参加者とその保護者、神奈川大学学生ボランティアスタッフ、ユーコープ、パルシステム神奈川ゆめコープ、生活クラブ生協・神奈川、富士フイルム生協、川崎医療生協、神奈川県生協連)

内容

・司会:櫻井展子(ユーコープ組合員参加推進部政策企画課課長)

・主催者あいさつ  

神奈川県生活協同組合連合会 専務理事 丸山善弘

・ナガサキ平和スタディツアー報告

浦郷由季(ユーコープ理事)、元木朱美(パルシステム神奈川ゆめコープ理事)

・ヒロシマ子ども平和スタディツアー報告

1班:子どもたち6名、高橋二三代(運営委員:富士フイルム生協理事)

2班:子どもたち6名、岩寺捷吾(班長:神奈川大学3年)、金井理佳子(運営委員:ユーコープ組合員活動委員)

3班:子どもたち5名、小林花怜(班長:神奈川大学3年)、上田麻理子(運営委員:パルシステム神奈川ゆめコープ理事)

4班:子どもたち4名、楊直子(運営委員:パルシステム神奈川ゆめコープ理事)

5班:子どもたち5名、倉光希(班長:神奈川大学3年)、角本貴子(運営委員:ユーコープ理事)

・保護者からの感想(3名から頂きました。)

・生協を代表して感想等

富士フイルム生協 理事長 鈴木秀之

・2015ヒロシマ子ども平和スタディツアースライドショー

・看護師より子どもたちの様子など 

川崎医療生協 川崎協同病院 看護師 白倉仁慈

2015年 2015年ヒロシマ子ども平和スタディツアーに出発新ウインドウ

ヒロシマ子ども平和スタディツアー今年も現地で平和の大切さを学びました新ウインドウ

2015ピースアクションinヒロシマが開催されました新ウインドウ

2015ピースアクションinナガサキが開催されました新ウインドウ

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ