HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2017年4月15日

ユーコープ「おうちCO-OPリサイクルセンターを開所

ユーコープは3月21日(火)、おうちCO-OPリサイクルセンター開所式を行いました。ユーコープの宅配事業「おうちCO-OP」を利用する組合員から回収したカタログなどの資源を分別し、圧縮する一次加工施設です。ユーコープ、うらがCO-OP、富士フイルム生協、全日本海員生協の宅配センターを含む全30センター分の資源加工を実施します。

この施設の稼働により、リサイクル資源の品質向上につながるほか、地域の障がい者の雇用創出にも貢献します。

同センターは、横浜・川崎・東京都内で障害者福祉事業を行っている社会福祉法人 同愛会(事務所:横浜市保土ヶ谷区上菅田町1696)と、リサイクルを手掛ける(株)兼子(本社:静岡県静岡市清水区興津中町990)に作業を委託します。

 

◎おうちCO-OPリサイクルセンターで圧縮加工する資源

<組合員から回収するもの>

おうちCO-OPのカタログ・チラシ、牛乳パック・商品配達時に使用するポリ袋 

※このほか発泡トレー、卵パック、ペットボトルキャップも回収し、同センターに集積後、専門業者へ渡します。

<宅配センターで出るもの>

段ボール、PPバンド、ストレッチフィルム、雑紙

 

◎自前のリサイクルセンターを開設した意義

・地域の障がい者の働く場に

分別作業などを障がい者の方々に担っていただくことで、働く場を創出し、社会参加を促し地域社会に貢献します。

・資源回収を効率化し、環境負荷を低減

ユーコープでは事業を通じて組合員に提供した牛乳パックや発泡トレーなどのほか、商品カタログや梱包材などのリサイクルをするため、組合員に資源回収を呼びかけています。

これらをリサイクルによって資源に変え、廃棄物の排出量を削減します。

・組合員からのリサイクル意識・資源回収量の向上に一役

自前の設備であることは、身近な存在として組合員にも関心が高まります。今後組合員対象の見学会などを計画し、家庭のリサイクル意識向上に働きかけます。

 

おうちCO-OPリサイクルセンター概要

名称

ユーコープおうちCO-OPリサイクルセンター

所在地

神奈川県大和市中央林間西6-7-1

面積・構造:敷地面積

 

1,160坪、延床面積:907坪 鉄骨造り2階建

営業日・時間

 

月曜日〜金曜日 9:00〜17:30(機器の稼働時間17:00まで)

施設概要

古紙ベーラー(圧縮梱包機)1式、小型圧縮機1式、計量器1式、フォークリフト1台 、ベールクランプフォークリフト1台

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ