HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2017年4月28日

神奈川県生協連医療部会2016年度第2回監事交流会を開催しました

生協がこれからも社会的責任を果たし、消費者や地域社会の期待に応えるためには、努力を積み重ねることが必要です。

監事研修会は、監査機関である監事の理事会に対する牽制機能を強化すること等により、組合内部における効率的で健全な法人経営を可能とするシステム(ガバナンス)を強化する一助として、神奈川県生協連では毎年、県生協連会員外にも広く呼び掛けて開催をしています。

また全体の監事研修会と併せて医療生協部会の監事研修会を「監事交流会」として医療生協の発展のために更に年2回開催をしています。

今回は初の試みとして、学習を受けてグループ討議を行いました。学習は、日本生協連法規会計支援部の岡坂充容より「事例交流とテーマ別討論に向けて」と題して、「監査の方法」「監査の報告」「内部統制とリスク」について丁寧に判りやすく話して頂きました。監事の役割について「ガバナンスをしっかりさせること」と強調されたその内容と意味がよく理解できました。

 

日時

2017年4月27日(木)13時55分〜16時50分

会場

神奈川民医連事務所 第4会議室

〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-35-1 第2米林ビル5階

参加者

医療生協かながわ:前田欣宣監事、湯川幸雄監事、長島千恵子監事

川崎医療生協監事:曽我部豊監事、高須賀朝代監事、竹内宏監事、三宅忠彰監事

神奈川北央医療生協監事:仙石為之監事

神奈川みなみ医療生協:平修監事、中津宣宏監事

日本生協連:岡坂充容

事務局・神奈川県生協連:丸山善弘専務理事、小林正明専務補佐、石田昌美統括マネージャー

次第

世話人の医療生協かながわの前田欣宣監事、神奈川北央医療生協の仙石為之監事を司会に進行しました

挨拶:

神奈川県生協連 丸山善弘専務理事

学習:

「事例交流とテーマ別討論に向けて」

岡坂充容(日本生協連法規会計支援部)

グループ別討議:

・生協のリスクと監事監査の役割

・代表理事との会合について

各グループより報告と共有化

 

・生協のリスクと監事監査の役割:高須賀朝代 川崎医療生協監事

・代表理事との会合について:  長島千恵子 医療生協かながわ監事

 

次回交流会の持ち方について

次回の監事交流会は2017年10月26日(木)14時から神奈川民医連事務所で開催します。2017年度の世話人生協は神奈川みなみ医療生協と川崎医療生協です。内容は世話人と協議をして決めていきます。

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ