HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2017年9月4日

朝鮮民主主義人民共和国
国防委員会第一委員長 金正恩 殿

貴国の「大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験」と称する
6回目の核実験に強く抗議する

貴国の核実験場がある北東部・咸鏡北道吉州郡豊渓里付近において9月3日正午過ぎ、マグニチュード6.1規模の地震を観測したと、日本の気象庁が発表しました。国営朝鮮テレビは15時半からの「重大報道」を通じて、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に完全に成功した」と発表しました。貴国の核実験は昨年9月9日の建国記念日以来で、2006年10月9日、2009年5月25日、2013年2月12日、2016年1月6日、2016年9月9日と今回で6回目となります。

 

核実験は、今年7月7日の核兵器禁止条約採択に至った国際社会のさまざまな核軍縮・不拡散、核兵器の使用禁止や廃絶のための法的枠組みづくりの努力、そしてその背景となる核兵器廃絶を求める世界の市民、何よりも被爆者の辛く悲しい経験に基づく平和への願いを踏みにじるものであり、強い憤りを覚えます。

 

私たちは、貴国の核兵器を弄び他国を威嚇する行動、戦争の危機を高める言動、度重なる核実験に対して強く抗議します。

貴国には、全ての核兵器と核計画を即刻放棄し、国際社会との対話と協調による外交努力を行うよう改めて強く要請します。

そして、1992年2月に発効した韓国と貴国が朝鮮半島を非核化することに合意した「朝鮮半島非核化共同宣言」(両国が核兵器の実験・製造・生産・搬入・保有・貯蔵・配備・使用をしないことなどが内容)の精神に立ち戻り、誠実に両者の合意形成を行って宣言を機能させていくことを強く求めます。

 

また、核保有国の自国の核保有を正当化する態度が核開発を誘発し、核拡散の原因になっていることも明白です。改めて、核兵器禁止条約の採択を踏まえて、すべての核保有国が核兵器廃絶に向けて誠実な努力を積み重ねることを求めます。

 

私たち生協は、核兵器廃絶と被爆者援護を共通の願いとして、被爆者とともに核兵器のない平和な社会を求める活動をすすめてきました。核兵器を廃絶し恒久平和を実現することは、戦争被爆国日本の国民共通の悲願であり、また基地県でもある神奈川県民の強い願いです。

 

貴国が核兵器開発計画を放棄すること、そして世界の国とともに戦争の危機を回避する誠実な交渉を行うことを強く求めます。

 

2017年9月4日
神奈川県生活協同組合連合会
代表理事会長 當具 伸一

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ