HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2018年5月30日

神奈川まるごと健康づくり・健康チェック、大和市南林間で開催

神奈川の生協では、力を合わせて健康づくりを「神奈川まるごと健康づくり」として推進しています。

神奈川まるごと健康づくりの健康づくりリーダー養成講座を修了した皆さまにより、大和市の南林間地区たすけあいセンターで健康チェックを行いました。

終了後には振り返りと今後に向けての打ち合わせを行いました。

この南林間地区たすけあいセンターは、「高齢者がどこよりも安心して暮らせる街」を目指して、昨年6月に開所しました。地域に住む高齢者の日常生活を、地域の住民がボランティアとして支援するたすけあいセンターです。運営は、同地区の自治会や民生委員、地区の社会福祉協議会、老人クラブなどで構成される南林間たすけあい協議会が任されており、会長は同地区自治会長の田丸旭さん、副会長には同地区社会福祉協議会会長の沓掛大乗さんです。「高齢者が、自分の弱いところは助けてもらい、代わりに誰かの力になる、という形」を大切に運営されています。

利用希望者は、センターに受けたい支援内容を連絡。コーディネーターが、日時や居住先に近い登録ボランティアに連絡を取る。内容は、ゴミだしの手伝いや買い物の付添・代行、庭木の剪定、草むしり、家具の移動、電球の交換など様々です。利用は有料ですが、30分以内なら300円、30分以上1時間以内なら500円と気軽に頼める料金です。ボランティアでは解決できない内容は、協議会のネットワークを使い、専門家や団体に依頼する「橋渡し」の役割も担っています。

 センターの中にはボランティアの受付けの他、介護予防やひきこもり防止のためのふれあいカフェコーナーを設置、2階では健康マージャン教室を開くなど、高齢者の新しい「居場所」にもなっています。健康チェックは、この2階を利用して協議会のご支援のもと行っています。

日時

2018年5月30日(水)10時〜14時

会場

南林間地区たすけあいセンター 神奈川県大和市南林間1丁目7−19

健康チェック参加者

 

26名(男性9名、女性17名、新規:21名、再:5名、年齢:40歳〜90歳)

測定者

神奈川まるごと健康づくり・健康づくりリーダー養成講座終了者と地元も方7名(たすけあい協議会1名、パルシステム神奈川ゆめコープ3名、県生協連3名)

測定項目

体重、BMI、体脂肪率、筋肉量、体内水分量、基礎代謝、血圧、ストレス・リラックス度、血管年齢、握力、足指力

測定使用機器

 

血圧計、ストレス計、体組成計、握力計、足指力計

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ