HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2018年8月30日

福祉クラブ生協で2回目の健康づくりリーダー養成講座を開催

健康はすべての人の願いです。生協は助け合いの組織です。みんなの願いや想いを、心を寄せ合い、力を合わせて実現する努力をしている神奈川の生協では、大切な共通の願いである「健康」について「神奈川まるごと健康づくり」として取り組んでいます。健康づくりを地域や組織で推進し定着をさせていくためには、リーダー養成は不可欠です。

健康づくりリーダーは、市民が社会とのつながりを活かし、生涯にわたって健やかで生き活きと暮らすことのできる健康長寿社会の実現をめざす、健康づくりボランティアです。健康づくりリーダーとして活動するためには、基本的な知識やスキルを幅広く学び、実践を積む中で、対応する引出しを増やすことが大切です。活動は、地域や組織の自主勉強会、イベント企画、健康チェックなどを通じて、健康情報の収集や普及啓発を、組織の枠を越えて幅広く行っていきます。

この度、福祉クラブ生協では2回目、全体では第9回となる健康づくりリーダー養成講座を、きらり港北の会議室が一杯となる、理事、職員、ワーカーズ・コレクティブのメンバーの参加により開催しました。

名称

神奈川まるごと健康づくり・健康づくりリーダー養成講座

日時

2018年8月29日(水)10時30分〜16時30分

会場

福祉クラブ生協 きらり港北 1階 会議室

主催

神奈川県生協連

受講者

福祉クラブ生協35名

内容

開催にあたって:    

 

大木 亘 福祉クラブ生協組織部長

講義:

第1課:神奈川まるごと健康づくりのめざすもの

第2課:つながりづくりの初めの一歩

第3課:健康チェックの内容

第4課:計測ステーションと実技

第5課:フィードバック

健康チェックロールプレイング、コメント方法

アンケート記入、修了証授与

講師:

石田 昌美 神奈川県生協連統括マネージャー

講師補助:

加藤 和子、丸山 善弘 神奈川県生協連

健康づくりリーダー養成の目的

@健康づくりを地域や組織で推進し定着をさせていくためには、健康づくりリーダー養成が不可欠。

A健康づくりリーダーは、市民が社会とのつながりを活かし、生涯にわたって健やかで 生き活きと暮らすことのできる健康長寿社会の実現をめざす、健康づくりボランティアで、健康づくりリーダーとして活動するために基本的な知識やスキルを幅広く学び、実践を積む中で、対応する引出しを増やす。

B活動は、地域や組織の自主勉強会、イベント企画、健康チェックなどを通じて、健康情報の収集や普及啓発を幅広く行う。

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ