HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2018年11月24日

日本生協連2018年度地域社会づくり交流会で報告
健康イキイキ♪地域キラキラ☆〜ひとりひとりが主役になろう〜

日本の生協は、「私たちは、人と人がつながり、笑顔があふれ、信頼が広がる新しい社会の実現をめざします」を2020年ビジョンとして地域社会づくりに取り組んでいます。

「健康」はすべて人の願いです。フレイルを予防するための重要なポイントは「栄養(食・口腔機能)」「運動」「社会参加」です。年に一度は健康診断を受け、結果を受けて改善の目標を作り、実践し、また翌年、検診を受診するという「健康のサイクルに取り組む」ことは健康づくりの土台です。

神奈川の生協では、「健康チェック」「健康チャレンジ」をこのサイクルの中で役立てていくことを呼び掛けており、医療福祉生協の8つの生活習慣と認知症予防などの項目を基本にしながら、健康づくりに取り組み、健康寿命を伸ばすさまざまなきっかけづくりを行っています。そして生協や協同組合はもちろんさまざまな団体と連携を深め、世代を超えて楽しく健康づくりに取り組める場をたくさんつくり、神奈川まるごと健康づくりをめざします。

神奈川まるごと健康づくりは、組織の枠を超えたつながりづくり、生協自身の健康づくりにもつながっています。

神奈川県生協連は、日本生協連中央地連の地域社会づくり交流会に参加し、パルシステム神奈川ゆめコープとともに活動報告を行いました。

日時

2018年11月19日(月)10時30分〜165時

場所

四ツ谷 主婦会館プラザエフ

主催

日本生協連中央地連

内容:

開会挨拶:実行委員長 ユーコープ理事 角本貴子さん

講演:「いきいき地域づくり実践報告」北海道生協連 事務局長 川原敬伸さん

活動報告

・ 組合員活動や団体との連携による健康づくりの取り組み

パルシステム東京理事 西村陽子さん

・ くらしの関心事を地域で学び合う場「コープ学び塾」

コープにいがた理事 井上優美さん

・ 健康体操と神奈川まるごと健康づくり

神奈川県生協連 統括マネージャー 石田昌美

・ 「健康づくり支援企画」による地域健康づくりについて

パルシステム神奈川ゆめコープ理事 上田麻理子さん

分散会

全体交流

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ