HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2019年5月10日

神奈川県消費者団体連絡会 2019年全体会記念講演

神奈川県消団連は2019年度全体会の開催にあたり、『カジノ解禁の持つ問題点』を演題に松岡泰樹弁護士を講師に記念学習会を行いました。

松岡泰樹弁護士からは、特定複合観光施設に関する法律(カジノ解禁推進法)等の経緯、カジノ実施法の内容、カジノ実施法の問題点について、説明を受け、問題点として、@全体像が不明確、A「規制」が「世界最高水準といえるのか」、B特定資金貸付業務の採用の問題、Cギャンブル依存症患者増大のおそれ、D反社会的勢力の排除が困難であること、Eマネーロンダリングの危険、F刑法で賭博を違法としている趣旨との整合性、等多々の問題点を共有し、改めて「カジノは要らない」、「カジノで地域経済振興させようとする考え方は間違い」であることを確認しました。

今回の学習を踏まえて、「人の不幸は地域社会の活性化につながりません。横浜にカジノは要りません」とする意見書を出しました。

 

日時

2019年5月9日(木)13時〜14時35分

会場

新横浜ステーションビル 9階 神奈川県生協連会議室

主催

神奈川県消費者団体連絡会

記念講演

「カジノ解禁の持つ問題点」

講師

松岡 泰樹 弁護士 

参加者

10団体 19名

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ